生活(仮)

サッカー、アニメ、音楽。備忘録。

傷物語「I鉄血篇」感想

傷物語「I鉄血篇」見てきました。

まず私にとって物語シリーズというのは「話はすごい面白いけど見るのが辛い。30分が限界」という印象なんですね。たまにTVで2時間スペシャル的な放送をしますが、その時は後半頭がパンクし、眠気に襲われ、何故これを30分12話でやってくれなかったんだぁぁぁ〜という感じになるんですね。なので今回映画化と。大スクリーンであのテンション2時間耐えられっかな…という心配を抱きつつ映画館へゴーしました。

まず最初の感想は短っ!!ですね。1時間3回なのね。てっきり2時間やるものかと…(ただの下調べ不足) 
どうりでチケット代安いわけだわ笑

全体的な感想としては、正直、映画でやる必要ある?って感じでした。
手足もげた吸血鬼が血だらけでジッタンバッタンするシーンはさすがにTVじゃ無理かな、とは思うけど、本当にそれだけだった。
映画だからって特別作画に気合い入ってる感じでもなく通常どおりだし(TVシリーズですでに作画綺麗だからね)(ほめてるよ)、最近よくありがちなTVでやったのまとめたやつみたいなノリだなーって感じだった。まあその変わらない物語シリーズっぽさが良いのかもしれませんが。
そしてまだ1話目だからかな。このあと話が盛り上がってきたら映画ならではのすごい効果音入ったりすごい演出あったりすごい神谷が飛び出したりするかな!!!!期待しよう

まあそんなんで、若干???って感じでしたが、きっと2話目も見に行くでしょう。
話は面白いだろうから。
ちゃんと終わるだろうしね。